江戸川区小岩 興之宮神社(半纏、奉納幕)

興宮神社RGB(縮専).jpg     o

興之宮神社のご利益は、五穀豊穣、無病息災、厄除け、招福などです。また、縁結びや子宝祈願にもご利益があるとされています。祀られている神様は、天照皇大神、香取神宮、鹿島神宮の三柱です。

  • 天照皇大神:皇室の祖神であり、太陽神として知られています。
  • 香取神宮:武甕槌神を祀る神社で、武運の神様として知られています。
  • 鹿島神宮:経津主神を祀る神社で、武運の神様として知られています。

興之宮神社の創建年代は不詳ですが、鎌倉時代の関東の豪族葛西三郎清重の家臣一色某なる者の領地であったと伝えられています。徳川幕府初期の寛永7年(1630年)10月に改築され、興宮村の鎮守だったといいます。興宮村では、当社を東の宮、本一色天祖神社を西の宮と称していました。

  • 鎌倉時代の関東の豪族葛西三郎清重の家臣一色某なる者の領地であったと伝えられています。
  • 徳川幕府初期の寛永7年(1630年)10月に改築され、興宮村の鎮守だったといいます。
  • 興宮村では、当社を東の宮、本一色天祖神社を西の宮と称していました。

管理者用

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ