川越市 丹徳庭園(手拭い)

tanntoku.jpg       明治2年(1869)材木商「丹波屋」から始まり、現在150周年を迎える「カワモクグループ」創業の地。
 東武東上線川越市駅から徒歩4分の立地にあり、県立川越女子高校に隣接している。通常公開は初代が明治34年(1901)に建てたはなれと200坪もの枯山水の日本庭園です。
 120年を経ても歪みのない丁寧な造りや、随所に贅沢な木材が使用されているのは材木商たる所以。重厚な母屋と洋風の応接室は棟続きとなり昭和4年(1929)、2代目により建築されました。
  第二次大戦中の統制令により材木を扱えなくなったため一時閉業するが、戦後間もなく川越木材工業として再出発、現在のカワモクグループに続いています。平成30年より同社の創業150年を記念事業として、庭園を一般公開すると共に離れが食事処や宿泊施設として活用されることになりました。
 
〒350-0041 埼玉県川越市六軒町1-8-2 https://tantoku.jp/
 
手拭い 100cm 特岡

管理者用

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ