日高祭囃子連合会(半纏)

80334646_3630364010370161_1856271529457745920_n.jpg     日高市内で祭囃子(ばやし)を保存・継承する6団体により令和元年12月15日に発足式が行われた「日高祭囃子連合会」をご紹介します。

■日高祭囃子連合会
日高にだけ「祭」が無いのはなぜだろう?それならみんなで作ってしまおう!
12月15日、市内で祭囃子を保存・継承する6団体(上鹿山囃子連・高麗川囃子連・四本木囃子連・高萩囃子保存会・原宿囃子連・武蔵台囃子連)により、「日高祭囃子連合会」が発足しました。
 きっかけは、各団体の若手が集まった際に、「各地域での夏祭りを行ってはいるけれど、一同に山車の引き回しを行う統一の祭りは日高には無いよね」「それなら作ってみよう」そんな夢物語のような雑談からでした。
 現実味を帯びた会議が始まったのは、昨年2月でした。その勢いが立ち消えにならぬよう、5月1日には6団体が集まり、高麗川駅前で奉祝記念として祭囃子を披露しました。このことにより、一層気運が高まり、連絡協議会、準備委員会と会議体を経て今回に至りました。これには伝統芸能保存への相互効果、窓口一本化による情報発信力強化、もちろん、地域コミュニティ活性による地元発展への寄与も含まれています。
 夢は「日高まつり」の実現ですが、日高市民まつりとは別に市民参加型のイベントとして賑わいを創出し、笑顔あふれる日高になることが目標の一つです。

管理者用

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ