福書家 小林順子様(風呂敷)(手拭い)

kobayasijunnko.jpg福岡県博多で活躍している書道家、小林順子さんです。

プロフィール紹介する記事情報が不足しているので、最近の活動がRKB福岡放送で紹介されましたので写します。

「ひらがなを筆ペンで書く博多弁講座」

みなさん、直近で、筆文字を書いたのはいつですか?

今回は、ちょっと変わったお習字の講座があるというお噂を聞きつけ

おじゃましてみました。

どんな講座かというと、なんと・・・・

150602-01

「ひらがなを筆ペンで書く博多弁講座」というユニークな講座です。

生粋の博多っ子で書家の小林順子さんが一年前から始めたもので、

「筆ペン」を使うのは、いつでも、どこでも練習ができるようにという

思いをこめてです。

筆ペンといっても「黒」だけではなく、赤・ピンク・青など全部で13色。

ですから、同じ言葉を書いても印象が変わり、感覚的にも面白く仕上がります。

150602-02

小林さんは、ひらがなは、やわらかくてあったかい博多弁にぴったりだと

いいます。

いろんな博多弁を用意して、博多弁ネイティブ以外の方には、解説を

してくれるので、なかには、わざわざ北海道から習いに来たという親子も

いらっしゃるそうですよ。

150602-03

それにしても、題材が「方言」というのは面白いですね。

練習しながら笑いがでてしまいます。

150602-04

参加者の中には、好きな人に渡すからと「すいとぉ」を1時間書き続けた

女の子もいるとか。

わーーーー、可愛すぎます。

ちなみにわたしは・・・

150602-05

練習のあとは、博多の銘菓「黒田おこし」と「八女茶」で茶話会が

予定されているのですが、みなさん、「もうちょっと、もうちょっと・・」と

なかなか練習が終わらないとか。 (笑)

わかります、わかります。イメージがどんどん膨らんで楽しいですよね。

じつはわたし、翌日、筆ペンと半紙を買いにいきました。

この講座の参加費は、大人2500円、こども1000円です。

お申込み・お問い合わせは《福プロジェクト》 080-4453-3930まで。

150602-06


管理者用

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別 アーカイブ