川越まつり 元町一丁目 牛若丸の山車(手拭)

元町一丁目手拭い0925.jpgNEC_0205.jpg   <元町一丁目 牛若丸の山車>

白木造り、二重鉾、四つ車、唐破風付きの囃子台で廻り舞台。十ヶ町時代の山車は、明治26年の大火により焼失。昭和34年末広町の棟梁浦田文治によって山車本体が再建され、昭和44年、飾り金具、水引、後幕などを整備。牛若丸をかたどった人形も同年京都の井筒雅風により製作される。山車の腰廻りには牛若丸にちなんで義経一代記の6枚の彫刻が施されている。囃子は牛若囃子連です。 
 手拭の人形は、川越在住の日比野拓歩様に描いて頂きました。左に笹竜胆(ささりんどう)紋、右に元町一丁目の紋、色は町の伝統色であるエンジです。

管理者用

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ