川越まつり2018 大手町囃子連(半纏)

DSC00742.jpgDSC00744.jpgDSC00750.jpg   大手町の山車は旧江戸町の山車。二重鉾、三つ車の山車で、囃子台は欄間仕立て。明治5年仲秀英の作と伝えられている。全体にやや前傾しており、山車を牛に曳かせていた頃の面影を残し、車隠しの幕を張ったところは江戸期の名残がある。

人形は明治5年に仲秀英の作。天岩屋戸に隠れた天照大神を招き出すため榊を持ち神楽を舞う天鈿女命(あめのうずめのみこと)をかたどっている。
 

 大手町囃子連の半纏の柄は、昔、本町、江戸町と言われていたころのマーク H と江戸のサンズイの三本線を組み合わせています。また、同時に天鈿女命(あめのうずめのみこと)の人形の保守をする、人形会の衿も加わっています。

管理者用

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ