書家 有岡 陖崖 ( ありおか しゅんがい )̪氏(のれん・暖簾)

iinuma.jpgsennsei.jpg小倉様のれん.jpg    書道界屈指の人気実力書家 有岡陖崖氏の書をもとに(許可を得て)暖簾を染めました。(なを、お名前の陖の字は正しくは編と旁が逆ですが、ワープロに無い為暫定に使用させていただきます。)

1 盟友 900*1800 綿紬 
2 風従虎 700*1500 綿紬
3 生きる 800*1500 綿紬


これは聞きかじりです。  教科書などの教育書道は、横画を引くときは、筆をななめに入れて、終筆まで、筆先は上側のまま進みます。縦画も、筆はななめに入れて、筆先は、左側のまま終筆まで進みます。
  ですが、中鋒といい、筆先を、線の中心にして進む運筆をします。線質が強く、厳しくなると言われています。
 
有岡 陖崖 略歴:
1950年 福岡県太宰府市生まれ、青山杉雨に師事。
現在 公益社団法人日展会員、公益財団法人全国書美術振興会理事/「日本の書展」現代書壇代表作家、読売書法会常任理事、和洋女子大学講師
現在 川越市新宿町にお住まいです。

管理者用

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ