川越市 吉田謙受堂書店様(暖簾)

 004.jpg 川越市連雀町の吉田謙受堂という本屋さんです。市内には普通の?大きな支店がありますが、こちらの本店は明治時代から続いています。外見は、白壁漆喰と木造で、川越名物蔵造り風です。店内も碍子で電線が張りめぐされ、住居部分が奥に延びる川越の老舗商家の作りです。
 このたび、軒下に昔の雰囲気を維持した暖簾のご注文をいただきました。トレードマークの丸に「よ」の文字は半纏の背紋を借用しました。

管理者用

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ