2011年2月アーカイブ

福の字づくしの手拭い

002.jpg     博多の小林様より福の字尽くしの手拭いのご注文をいただきました。小林様は大変達筆な方で、以前にも手拭い、風呂敷(写真が載ってます)をつくっていただき、その作品には必ず「福」の文字が描かれています。
 この手拭いは、白地に朱文字で、全て福の字ですが、一箇所今年の干支であるウサギが、かわいく座っています。このウサギは、なんとなく礼儀正しく正座して「おめでとうございます」と言っているように見えませんか?

川越市 吉田謙受堂書店様(暖簾)

 004.jpg 川越市連雀町の吉田謙受堂という本屋さんです。市内には普通の?大きな支店がありますが、こちらの本店は明治時代から続いています。外見は、白壁漆喰と木造で、川越名物蔵造り風です。店内も碍子で電線が張りめぐされ、住居部分が奥に延びる川越の老舗商家の作りです。
 このたび、軒下に昔の雰囲気を維持した暖簾のご注文をいただきました。トレードマークの丸に「よ」の文字は半纏の背紋を借用しました。

トロン:レガシー

336755view001.jpg 天才科学者の父からの遺産は、ヴァーチャル世界という言葉も古く感じる、コンピューター内の世界。トロンという言葉は何なのか良くわかりません。「マトリックス」の世界なのか?とにかく初めから3D映画として企画されたらしいです。「スターワー」「マトリックス」「マッハゴーゴー」「アバター」のCGを古いと思わせる程の映像美です。私たちが考える未来がどんな社会か想像可能な範囲を飛び出した、天才的なイメージを見ることが出来る映画だと思います。
  

管理者用

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31