長野市相ノ木西町神輿連(半纏)

P1050687 (1).jpgP1050043.jpgP1050029.jpgP1050713.jpg            当地区は善光寺さんから西側に位置し、昔は北国街道の宿場町としても栄えた町です。

 長野駅から長野大通りを真っ直ぐ北へ進み、北国街道を東へ曲がり、長野電鉄の善光寺下駅と本郷駅の中間に位置する場所です。
 例大祭は秋に二回、氏神様の美和神社と鎮守神様の飯縄天神社のお祭を中心に活動しております。
美和神社は善光寺七社の一つであり、御祭神は大国主命。
飯縄天神社は美和神社の鎮守の一つであり、御祭神は、日本八大天狗に数えられている飯綱三郎天狗と学問の神様・菅原道真公です。
 当町の神輿は通称「夢神輿」屋根紋に輝く夢の一文字は、地区の方々の夢を神輿に宿し、皆様のご健康とご隆盛を祈りながら神輿を担いでおります。担ぎ方も江戸前に似たオリジナルの掛け声によるものです。
「わっしょい、わっしょい」 「わっしょい、そーれ」

管理者用

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31