マツザキ酒屋今福本店(暖簾)

  まつざき.jpg

 川越市中福という場所は川越市の南端で、埼玉県道6号川越所沢線を中心展開していた地域で、細いけれど一級河川の不老川が流れています。米穀商だったマツザキは1887年、明治20年に酒販売を本格的に始めたようです。今では新宿一丁目にモダンなビルの支店もありますが、本店の今福店は発祥の地に昭和の面影を残し全国地酒を大きく販売しています。http://www.1887.co.jp/
 
「百年の孤独」「魔王」  など なかなか飲む機会の少ないプレミアム焼酎を定価で抽選販売している、関東の酒飲みには知れ渡っている酒屋です。
 前回はエンジ、今回は麻で暖簾のご注文をいただきました。本来の植物繊維である麻は、風流ですが摩擦に弱く夏季限定の着物や暖簾の生地でしたが、近年ポリエステル性の丈夫な生地が織られる様になり、年間を通じて粋な雰囲気を表現することが出来るようになりました。
 中福店のキャッチフレーズ「心ゆさぶる酒がある」が文字通り酒飲みの心を揺さぶります。

管理者用

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30