ときわ台天祖神社東山町神輿半纏

 

img_0.jpgimg_1.jpg

 
九月21日、板橋区常盤台の天祖(てんそ)神社にて秋季例祭が行われました。かつて上板橋村の鎮守として神明社(しんめいしゃ)と呼ばれていたそうです。境内に五町の神輿小屋が収納されていて、囃子は神田神明囃子で
す。歴史のある祭りなので、神輿の前列には親方衆の木遣りや手古舞が先導します。
 今年の年番は東山町ということで東山睦の半纏を着た担ぎ手が先頭を歩きました。半纏は帆布、衿に「いたばし東山睦」と入り、着丈90cmです。

 

管理者用

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31