八幡太郎の山車(鳶の半纏)

DSC01253.jpg 
龍の刺繍が鮮やかな野田五町の山車です。人形は八幡太郎義家が載っています。
 山車を引くのは最近は子供とその保護者が多いようです。山車にはハンドル、ブレーキはありません。そこで小さな左右の旋回は釘抜きの大きいもの(名前があるのですが思い出せません)や、90度旋回のときにはキリンという大型ジャッキを使います。またスピードの強弱、」停止などは角材を車輪止めに使います。
 この山車運行の安全と円滑化を図るのが鳶の人たちです。この人たちがいないと山車が動かないのです。鳶頭は拍子木を鳴らし、木遣りを唄い、他の鳶(職方)は半纏を着て、鉢巻を締めて、運行や、山車の屋根(唐破風といいます)に乗って見守ります。鳶の人たちはクルーカット、筋肉質で日に焼けていて、黒い股引姿で、地味なのですが、逆に一番光って見えで格好いいです。

管理者用

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30