銃・病原菌・鉄

 名称未設定-1.jpgアポカリプト」はジャガー・バウがマヤ帝国の追っ手を全て殺して、やっと妻子と再会し、さて旅に出ようとすると、船に乗って浜に向かってくる不吉な予感のするスペイン人を偶然見かけるところで終わりました。

 16世紀、ペルーに上陸したピサロ率いる十数名のスペイン人は鉄器と銃でインカ帝国を征服してしまいました。また、北米大陸もコロンブスに発見されてたちまちヨーロッパ人に植民地にされます。オーストラリア、アフリカも然り、アジア、中国も搾取されます。なぜこの400年で人類は持つ者と持たざる者に別れてしまったのか?

 13,000年前、人類はアフリカで生まれ、世界に散りましたが、ユーラシア大陸にのみ恵まれた東西に延びた地形、肥沃な土壌、耕作可能な種子、家畜可能な動物、気候、後の文字の発明など幸運な偶然性により、また、中国の様に早すぎた中央集権が不可能だったり、不衛生で伝染病病原菌への免疫抵抗力を持ったヨーロッパ人によって、先住民は病気に罹って亡くなり、そのまま現在も続く不公平な社会になったというのが著者ジャレット・ダイアモンド教授の説です。
 上下2巻、とにかく長い本で、2ヶ月以上かかってしまい、その間何も読めませんでした。
 南米にも、アメリカにも馬はいなかった、アフリカのシマウマ、サイなどは家畜には適さない、それぞれの大陸にいた原生の大型動物は、たちまち捕獲されて毛皮や、食べられてしまったために絶滅してしまったなど、驚きの歴史書です。ナショナルジオグラフィックからDVDが出ているので見る価値大です。

 

管理者用

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30