11・29 さいたまクリテリウム(風呂敷)

ランドガレージ.jpg   実は埼玉県って、自転車普及率が全国一位だってこと知ってました?(2位 大阪、3位 東京、4位 京都、5位 千葉)

 また、埼玉県には国内最大の自転車メーカー「ブリヂストンサイクル」の本社と主力工場がある他、自転車用ブレーキのトップメーカーや国内唯一のペダルメーカーなど自転車関連企業が集積している背景があるところから、埼玉県やさいたま市では「自転車王国」を前面に出した広報キャンペーンを行っているんです。

  そこで世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した自転車競技イベントが、『ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム』の登場です。舞台はさいたま新都心の高層ビル群。さいたまクリテリウムでは、1周約3.1kmの周回コースを走行する。市街地などに距離の短い周回コースを設定し、それを何周もする形式のロードレースがクリテリウムである。機材の故障など、不測のトラブル時にはその場にとどまって修理を済ませ、周回してきた集団に合流してもいいなどの特別なルールがある。

2014年からはコースの一部がツール・ド・フランス史上初の屋内コースとして「さいたまスーパーアリーナ」内を選手たちが駆け抜け、非日常のスピード感が味わえるコース設定となっている。競輪の平地での最高速度は70km以上らしいです。でもそれは最後の追い込みの時とかの数分です。平均速度46、7kmで62kmを走りきるってどれほど早いの!!

この風呂敷は90cm巾で、平成25年第一回大会のノベルティです。素晴らしいデザインです。



管理者用

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30