福生市長沢稲荷神社(稲荷のぼり)


 JR福生駅西口から歩いて5分ほど、新奥多摩街道をはさんで福生消防署の向かいに鎮座する長沢稲荷神社は、地元では神明社と呼ばれています。。新奥多摩街道沿いに鳥居と社号標が建っているが、反対側にある参道はただの小道ですが本来のものであろうと思われます。
 そちらの参道脇には、一説に鎌倉時代の創建と伝えられる薬師堂があります。現在のコンクリート製のものは堂々とした外見で、平成10年に改築され薬師如来ほか12神将が祀られているとのことです。
 明治7年、当時各町会に祀られていた五柱の神様とともに七祭神を合祀した神社で、地域の安らぎ(鎮守)学問、商売、健康、縁結びほか何でも聞いてもらえそうな気がします。
 長沢稲荷神社の幟は50年以上もご注文をいただいています。朱塗りの鳥居と朱ののぼりは、2月の終わりから3月にかけての梅祭りに見事にマッチします。多摩地方は桜よりも梅が好まれるのでしょうか?また、7月下旬の夏祭は八雲祭りとも言われ、11町会のお神輿、山車が神社前に勢ぞろいして熱中症寸前の大賑わいでした。ながさわ.jpg

管理者用

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30