2011年1月アーカイブ

鉞組 刺子の半纏

PB140091.jpg   PB140026.jpg1470.jpg694.jpg                              「」と書いてマサカリと読みます。
 飛騨の高山の建設会社、鉞組様より刺子の半纏をご注文いただきました。
 刺子は厚い帆布を2枚重ねた上に黒糸でステッチを掛けたような大変重い生地です。
 昔の火消しが火事のときに、これを着て上から水を被って燃え盛る炎に突入したくらい、熱と怪我に強いと言われています。今回の零宮祭では、神輿を担いで川の中に入って行く、熱気あふれる祭りだったようです。
 白黒の写真が、一番刺子半纏の雰囲気が出ているようです。写真の撮り方も上手ですねー。
 
 

FM NACK5の生放送 

 NAC5.jpg 本日は色の日だそうです。どうしてかというと1月6日だから、「いろ」と読むそうで、最近決まったようです。ということは1月4日はきっと石の日ですね。ということで色にまつわる仕事をやっているのは、染物屋だろうということで当店よりNACK5の生中継があったのです。
 ラジオの放送というと、どんな中継車で、放送機械を運んでいるのかとお思いきや、パソコン一台でファックス回線につなぐだけ、という大変質素なものでした。ここに到るまでの技術革新はどれほどのものだったんでしょう?
 番組はNACK ON TOWNの中の一コーナーで、レポーターが取材、インタヴュー形式で進行します。
 ディレクターはモロ業界の人っぽい、ギタリストにしてマジシャン、ロン毛の諸平さんと、レポーターは、アイドルタレントのような奥山奈々さんです。二人で打ち合わせ2時間ぐらいで、ストップウォッチ片手に、すっかり染物屋10年分くらいの知識を、目の前で今染めているかのようなレポートをします。これを毎週やっているとは、なんという頭のよさと度胸でしょう。私はといえば自分の声は聞こえず、話していることは棒読み状態です。          
  つくづく放送業界の人のハイテンションな元気良さ、機転の回りの速さに驚いた、人生怱々ない私の思い出になる一日でした。

 

雀の森氷川神社より謹賀新年

 

画像 003.jpg 新年明けましておめでとうございます。
 雀の森氷川神社では、大晦日夜中より元旦にかけ1200人以上の参拝客で賑わいました。
 神社では毎年恒例で、甘酒を無料で振舞います。そのコップが1200個以上使われたので、飲まない人、子供をいれたらもっと多くの人が参拝に訪れたわけです。
 新年の準備は30日にしたのですが、このとき私は風邪を引いてしまい、元日から一週間もマスクが手放せませんでした。病院は4日からだし、おみくじのとおり、どこにも出ないほうがよさそうです。
 関東地方以外は全国中大雪だそうです。夏は暑いし、冬は寒いし日本の四季もなんぎですねー。

 

管理者用

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31