桜田門外の変(映画)

336800view001.jpg                    私が生まれるわずか90数年前、祖父の親の代には江戸時代だったのに、世界はともかく日本の歴史さえもよく知りませんでした。地図で見ると、今の総理大臣みたいな大老井伊直弼邸と江戸城桜田門はすぐそばなんです。そんなすぐ近所で警備が厳重なところで元水戸藩の暗殺部隊が実行成功するとは驚きです。雪の降りしきる中この暗殺場面のパノラマ撮影は見事です。
 決行するまでは、諸藩は賛成、絶対応援するといっていたのに、いざ首を取ったら、みんな黙ってしまって、自分の国からも追われて、全員死罪とは、また、彦根藩警護も全員切腹とは、昔の人は責任を取るといったら死ななくてはならなかったようです。映画の巨大な、しかも忠実なセットは水戸に作って、これから他の映画にも使えるそうです。茨城県人なら、自分たちの先祖の勇気を称えた、この映画を心から楽しめますね。
 エンディングに歌を入れるの邦画らしくていいと思います。この前は「嵐」の、今回は「あらん」んの「悲しみは雪に眠る」。必死剣鳥刺しのときと同じ人です。実にうまいです。

管理者用

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31