ハビエル・バルデム

336557view009.jpg 「食べて・祈って・恋をして」バリの占い師に言われたからといって、そのまま信じて旅に出たわけではありません。バリ島、インド、イタリアは日本人もアメリカ人も好きなんですね。「バリではみんな恋をする」って、それは、沖縄でもタヒチでもリゾートで開放されて、気が緩むだけでしょう。ヒロインがJ・ロバーツだからいいようなもの、C・ディアスや、セダジョーンズだったら行った先々恋人だらけになってしまいそうです。
 そこでハビエル・バルデムです。バルセロナでのモテ男以来、ペネロペ・クルスと結婚、そして今回懲りもせずバリで、むさくるしいひげ面で、J・ロバーツに涙を見せるは、「君に必要なのは最高の男だ」「結婚してバリとN・Yに通おう」「島でバカンスしよう」相変わらず言いたい放題、やりたい放題です。昭和の荒木一郎、平成の石田純一か?
 せっかくインドで瞑想してきたのに、占い師に、「頭で考えるな、心に従え」って言われて、簡単に納得してしまうなんて、まるで私のようです。情けねー

管理者用

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31