セックスアンドザシティー2

w970473777-view.jpgT1T2T3と同じようにSATCと表示されてもわかるくらいによく目にします。アメリカ人女性の40から50代が消費文化社会の最大ターゲットなのでしょうか。良くも悪くも、健康的というか、アブラ(バター)っぽさたっぷり、最近のスポーツ用語で言う、体幹がしっかりしています。日本女性が、手袋して日傘さして、美白、痩身に励むのと対をなしています。
 1の時はニューヨークの街の中で、ホームドラマでしたが、今回スポンサー特にサウジ、アパレル業界がたくさんついたのか、アブダビロケがメインです。派手なリゾートファッションを次々に見せるために、街中だけでは収まりきれないのでしょうか。スタイリストも有名人だそうですが肌を隠す衣装は無理目かなー。
 コミカルなせりふ回しがうまくて、2時間半以上中弛みがありませんが、モラルなき中年から、終わり頃、SJPキャリーのキスシーンからは妙にコンザバな展開となり、旦那に怒られついでに、ダイヤモンド贈られるところなんか、映画を観た女性が、妙な悪い確信を持ちそうで不安です。
 結婚式で、ライザミネリがキャバレーのシーンを踊っていました。さすがアカデミー女優。ペネロペクルスもチョイ出。ゲイの男たちを含めて、男たちは皆、清潔で純情で金持ちです。コントラストの強い、ハイテンションな楽しい映画でした。

管理者用

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31