シャッター・アイランド

334301view016.jpg

 久日さに見る、ヒッチコック風のBGM、照明を駆使して、恐怖感をあおるサスペンス、サイコ?映画でした。出だしのいかにも作り物のフェリー場面から、島の門に入るまで続く不気味な超低音の不快な繰り返し、常にどこからか聞こえる悲鳴、誰一人笑わない俳優たち、最後の場面以外晴れない、というか毎日雨または大嵐、絶海の孤島、人の心を不安にさせる要素100%詰めたというか、熟知している監督の、誰が作った言葉か「おどろおどろしい」角川映画!以来の作品でした。
 前宣伝もうまいし、たっぷり2時間以上、不安感を抱いたまま、終わっても気が晴れないくらい、うまく嵌められた感じです。

管理者用

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30