川越のだんご

18.jpg 川越の団子はサツマイモと並んで名産だそうです。子供の頃からだんごはよく食べていました。慣れ親しんだ団子といえば、大正浪漫通りの「いせや」です。甘い醤油のたれ(みたらし)は艶がよく、上品な、きめ細かい柔らかさでよく食べました。また、こしあんも美味です。団子というものはみたらし味のものだと思い込んでいました。成人してからは、焼きだんごも食べます。香ばしい醤油味で、買うと「ひげ」に包んでくれます。焼きだんごで有名といえば連繋寺境内の「松山だんご」です。連繋寺といえば、丸広デパートが出来るまで、川越の繁華街、シティボーイ(子供)のプレイスポット、サーカスや相撲、遊園地、ショッピングセンターまであった、一大レジャーランドでした。そこのメイン会場で今も営業しているのですから、スナック(御茶屋)の老舗といってよいと思います。ご飯代わりといえば、こちらのほうが充実感があります。神社仏閣の隣には、大抵だんごやがあります。そこの中でも大正時代から営業しているので最古参かもしれませんね。

管理者用

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31