遠州切干芋の福田商店

5.jpg川越は市内、近隣特に三富でサツマイモの産地で名が知られています。どの農家もとても広い畑で紅あづまという品種を作っています。川越芋は焼き芋にして、甘く煮て、蒸して、また、干し芋は白い粉が吹いて、ちょっとあぶってよく食べています。私は知らなかったのですが、芋の産地が静岡県掛川市にもあったのです。福田商店様は70年も続く芋農家です。今回、催事用にのれん、前掛け、のぼりを作っていただきました。販売商品は、芋切干しだそうです。埼玉県の干し芋とは違って、どんな味でしょう?楽天でも販売しているようなので、お試しです。

管理者用

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30